2012年04月04日

04: 助動詞 can/could

助動詞とは.gif

@ can の使い方 主語 + can + 動詞の原形

能力=「〜ができる」

I can speak Japanese. (私は日本語が話せます。)
She can drive a car. (彼女は車の運転ができます。)
We can play soccer. (私たちはサッカーができます。)

否定形は、can not/cannot/can't と3種類であらわすことができ、いずれもその後に動詞の原形がきます。
I can't run any more. (これ以上走れません。)

疑問形は、Can + 主語 + 動詞の原形 ?
Can she ski? (あなたはスキーができますか?)

※ここで気をつけてほしいのは、「英語できますか?」の質問をする際など、相手に尋ねる場合には、Do you 〜?で聞くほうが適切な場合が多いということです。Can you speak English? で、相手の能力どころを聞いていることになり失礼な印象を与える場合があります。

許可=「〜をしてよい」

You can go home now. (もう帰宅していいですよ。)
She can read my book. (彼女は、私の本を読んでもいいですよ。)

疑問形にすることで許可を求める表現になります。
Can I go to the toilet? (トイレに行ってきてもいいですか?)
Can I speak to you? (お話ししてもよろしいですか?)
Can I ask you a question? (質問してもいいですか?)

依頼=「〜してくれませんか」 Can you + 動詞の原形 ?

Can you help me? (手伝ってくれませんか?)
Can you take it home? (それを家に持って行ってくれませんか?)


A can の過去形 could の使い方 主語 + could + 動詞の原形

canの過去形は、could と変化します。
過去に「〜できた」能力を表現します。

I could run fast. (早く走ることができた。)
He could ride a bicycle. (彼は自転車に乗ることができた。)

Could を使った疑問形は、Can you 〜?表現よりも丁寧な言い回しで表現できます。

Could you drive me home? (車で家まで送っていただけませんか?)
Could you bring me a menu? (メニューを持ってきていただけませんか?)

903.jpg can/could の使い方・意味わかりやすかったでしょうか?自分自身の能力を表現する時は、I can't speak English very well.(英語をあまり上手に話すことができません。)で勿論OKですが、他人様の能力云々に関しての can の用法は、要注意です。日本語表現では、「英語上手に話せますね。」が普通でも、英語表現 "You can speak English very well."になると、できないことが前提で「できる」と”上から目線”のニュアンスに捉えかねない表現なので、"You speak English very well."の方が適切ですよ。
posted by Spring at 11:58| Comment(1) | 04: 助動詞 can/could | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎日こちらのサイトで勉強しています。
とても気に入ってます。ありがとうございます。
作者さんは英語は話せるのでしょうか?
私はオーストラリア人、アメリカ人との交流が多いので英語を一から勉強しています。
まだまだ会話レベルまでは難しいですがここでもういちど勉強して頑張りたいと思います。
Posted by せあ at 2014年10月30日 13:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。