2012年04月11日

17: 代名詞

代名詞とは、読んで字の如し「名詞」の代わりをするものです。

下の表でおさらいしましょう!
代名詞.jpg

代名詞.jpg
人称一・二・三の区別、しっかりできますか?
字面だけではなかなか覚えにくいですね。

左の女の子2人が会話しているイラストで確認してください。
わたし=話し手が、一人称 "I"
あなた=聞き手が、二人称 "you"
A子ちゃん=会話に参加していない人が、三人称 "she"

そして
会話している「わたし」と「あなた」は一人称複数です。 "we"

二人称 "you" は、単数・複数とも、you/your/you ですよ。
上の表で確認してくださいね。

これで人称の区別はバッチリです♪


pag-to-neS.gif
【所有格】とは、「私の〜」というように「持っている(=所有する)」ことです。
「私の犬」は、my dog ですね。「私」の代名詞の所有格 my + 「持っているモノ・人など」の名詞 の形を取ります。

I love my dog. 私の犬が大好きなの! "I"は主語、"my" は所有格です。

【目的語】とは、動作(=動詞)の目的・対象を表すもので、「誰を」「何を」に当たる部分です。

上の I love my dog. なら、my dog が目的語に当たります。

We love her. 私たちは彼女を愛している。 ここでの We は主語、her は目的格

A2.png

これ.jpg あれ.jpg
ThisThat
そしてそれぞれの複数形
TheseThoseも一緒に覚えましょう♪


this 「これは」:距離の近いところにあるもの
that 「あれは」:距離の遠いところにあるもの

This is a pen. これはペンです。 (すぐ目の前にある)
That is a book. あれは本です。 (遠いところにあるものを指して)
This pen is good. このペンはいいですよ。
That book is interesting. あの本は面白いですよ。

These are pens. これらはペンです。(複数のペンを指しているので、pen には -s を付けて pens)
These pens are good. これらのペンはいいですよ。
Those are books. あれらは本です。(book + -s で複数形 books)
Those books are interesting. あれらは本は面白いですよ。

fiogS.gif
【ちょっと一言】ここでの日本語、These と Those の理解が目的なので、「これらは」「あれらは」と書いていますが、ちょっと不自然ですね。私だったら「こちらのペン、どれもいい物ですよ。」とか、「あちらの本はどれも面白いですよ。」などが自然だと思いますが、みなさんならどうやって訳しますか?シチュエーションを考えながら、日本語もちょっと考えてみるといいと思いますよ♪


903.jpg
代名詞、どれもこれもすでに見慣れている単語ばかりですね。おさらいできたでしょうか?
そうそう、"You" = あなた は、単数・複数とも変化せずに "You" と書きました。もちろんこれが正解なんです。なんですが、イギリスやオーストラリアでは、複数の時、Yous という人もいます。わざと強調したい時に言うんですね。最初聞いた時、これは面白いなぁ〜と思いました。でもネイティブではない私たち外国人が言うと、ちゃんと英語を分からない人と思われそうです。なぜかと言うと、言葉を覚え始めた子どもが間違えやすい言葉のひとつだから。日本語も英語も、言葉って、ナマモノです。時代とともに常に変化し、新しい言葉が次々と生まれ、ついこの間まで普通に使っていた言葉が古くなる・・・。仲良しのお友達のこと、「マブダチ」と言ってもナウくないですもんね(^^)。あ、何を言ってるのかサッパリ分からない?そんなあなたは、お父さんやお母さんに聞いてみてくださいね♪


posted by Spring at 21:30| Comment(0) | 17: 代名詞  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。