2012年04月12日

18: 存在を表す"There is 〜." 状態を表す"have"

存在を表す "There is 〜."
 There + be動詞 + 主語 で、「〜があります」や「〜がいます」というように、ある存在を表します。
主語とbe動詞の語順が逆になっていることに注目してくださいね。There が主語ではないですよ。
be動詞は、後に続く主語に合わせて is/are/was/were と変化しますよ!

ka-tenS.gif
There is a girl at the window. 窓のそばに女の子がいます。
 女の子は一人なので、There is 〜.

There are two curtains at the window. 窓にはカーテンが2枚かかっています。
 カーテンが2枚なので、There are 〜.

haitiS.gif
There is a chair next to the desk. 机のそばにイスがあります。
椅子は一つなので、There is 〜.

There are document files on the desk. 机の上には、(複数の)書類ファイルがあります。(document files = 書類ファイル)
 書類ファイルは複数なので、There are 〜.

nyuuenshikiS.gif
There is a cherry tree behind a boy. 男の子の後には桜の木が立っています。
 桜の木は一本なので、There is 〜.

There are many petals of cherry blossoms around a boy. 男の子の周りには桜の花びらがたくさん舞っています。(petal = 花びら)
 花びらは複数なので、There are 〜.

There is 〜 の疑問文
肯定文では、There は主語ではないのに、疑問文では There は主語の扱いになり、There と be動詞がひっくり返ります。

Is there a cherry tree behind a boy? 男の子の後に桜の木がありますか?
Yes, there is. ええ、ありますよ。 ※答え方は、 Yes, there + be動詞 または No, there + be動詞 + not

There is 〜 の過去形
There is 〜 の過去形は、be動詞がそれぞれ is → was、are → were に変化します。

There was a girl at the windows. 窓のそばに女の子がいました。
There were document files on the desk. 机の上には、(複数の)書類ファイルがありました。

A2.png

動作・状態を表す"have"はいろいろ表現できる便利屋さん♪

have の基本的な意味は「持つ」「所有する」ですが、後に続く単語によっては、状態や動きを表すことができます。

PCS.gif
I have a PC at home. 私は家にパソコン持ってるわ。(PC = Personal Computer の略。英語では、日本語と同じようにPC とか computer と言いますよ。)

ここでの have は「所有」を意味しますね。


shawa-S.gif
I have a shower in the morning. 私、朝シャワーするの。(shower = シャワー)

ここでの have は「動作」(=シャワーする)を意味しています。



tyoushokuS.gif
I have breakfast every morning. 私は毎朝、朝食を食べますよ。(breakfast = 朝食)

ここでの have は”食べる、飲む”の「動作」を意味しています。
have dinner (夕食を食べる)、have some beer(ビールを飲む)、have some sushi(お寿司を食べる)と言うように、have + 食べ物・飲み物で、〜を食べる・飲むを意味します。


have + 〜 で、状態や体調を表現してみましょう。
damedaS.gif
I have a headache. 頭が痛い! (体調を表す have )
headache = 頭痛… head (頭)+ ache(痛み)toothache = 歯痛 stomachache = 腹痛

I have some troubles. 困った! (状態を表す have )
trouble = トラブル、問題、悩み事  を持っているから「困った!」

I had a bad time at a meeting. ミーティングは最悪だったよ。(状態を表す have )
a bad time = 嫌な時間、楽しくない時間、上手くいかなかった時間  
a good time = いい時間、楽しい時間、上手くいった時間 "Have a good time!" (楽しんでってね!)

hitoikiS.gifLet's have a break! 一息つこう!(休憩しよう)

break は、動詞で「壊す」で覚えていると思いますが、名詞では「休憩」「中断」などの意味を持ちます。一連の動作を「破って」中断する感覚ですね。キットカットのCMフレーズの Have a break! Have a Kit Kat!は、「一息ついて、キットカットでも食べよう!」という上手い表現ですね。
ちなみに「朝食」の breakfast は、眠っている間何も食べていませんので、fast ( = 断食)の状態を break するから breakfast と言うんですよ。
この記事へのコメント
英語の復習にとっても役に立ってますありがとうございます!
記事に
@There is a girl at the windows.

AThere are two curtains at the window.

とありますが@の文だけwindowのあとにsが付くのですか??
Posted by at 2013年12月27日 19:28
ご指摘いただきありがとうございます。
そうですね、この絵には窓が1枚しかありませんから、windowsではなくwindowですよね。
混乱させてしまい申し訳ありません!

また誤りの箇所があれば、ご指摘いただけると大変ありがたいです!!
今後ともどうぞよろしくお願いします。
Posted by 管理人です! at 2014年01月29日 19:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。