2012年04月10日

15: 受動態 基本形

受動態(じゅどうたい)は、主語が「〜される」ということを表現する方法です。
「受け身」と習ったと思います。
基本形は、主語+be動詞+過去分詞

さて、「過去分詞」という用語が登場してきました。説明しますね。

過去分詞は、動詞に ed(場合によっては built 、broken のように、t 、en など)が付いて、動詞の過去形と同じ姿をしていますが、過去の事柄について言っているのではなく形容詞や副詞と同じ役割を持っています。

学校で、動詞の語彙を覚える時に、現在・過去・過去分詞と3つ抱き合わせで暗記しませんでしたか?
例えば、
「食べる」なら、順に、eat → ate → eaten
「歩く」なら、順に、walk → walked → walked などなど・・・。

「受動態」「現在完了形」の文法の授業で覚えたと思います。その過去分詞ですよ。

「能動態」(〜を…する)「受動態」(〜が…される)例文で比較してみていきましょうね♪

kameraS.gif 写真をパチリ!

能動態: I took this photo. 私は写真を撮りました。 ← 「私」の動作を、「私」の視点で表現してます。
受動態: This photo was taken by me. この写真は、私によって撮られたものです。 ← 「写真」の立場から見た表現になっています。

take 【動詞】取る take → took → taken

shoudan2S.gif就活での面接

能動態: A man interviews a girl. 男性が、女の子の面接をしています。 ← 「男性」の視点ですね。「面接をする」立場です。
受動態: A girl is interviewed by a man. 女の子が、男性に面接を受けています。 ← 「女の子」から見た視点。「面接を受けている」立場ですね。

interview 【動詞】面接する interview → interviewed → interviewed

上の2つの例のように、「誰にされるのか」を表す場合は、by + 名詞(人の名前)を付けます。

また、人を特定しない(できない)受動態の使い方もあります。
doorS.gifドアが開いた状態
The door is opened. ドアが開けられた → ドアが開いた(こちらのほうが、日本語では自然。)
open 【動詞】開ける、開く open → opened → opened
ドアが壊れている状態
The door is broken. ドアが壊された → ドアが壊れている(こちらのほうが自然)誰かによって壊されたのか、何かの原因で壊れたのか不明です。
break 【動詞】壊す break → broke → broken

903.jpg「能動態」で表現するよりも「受動態」のほうが適切な場合が、実生活では多々あります。職場で、「〜について、お知らせさせていただきます」は、"Please be informed about..." とか、「後ほどお知らせいたします。」は、"You will be informed..." のほうが、大人英語。もちろん、主語 + inform で「お知らせする」という事もできますが、会社の立場として言っているのか、話し手個人の主観なのかを特定しない場合は、受動態の方が適切。ビジネス英語のメールの書き方にも繋がりますよ。簡単な表現からしっかり受動態を覚えていきましょうね♪








posted by Spring at 15:01| Comment(0) | 15: 受動態 基本型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。