2012年04月13日

20: 比較と最上級

このページでは、比較と最上級のおさらいをしましょう。

比較は、2つの対象(人や物・事柄)を比べて「AよりBの方がより〜」を表現するものです。

最上級は、3つ以上の対象を比べて「Aが一番◯◯である」と表現します。

「動詞」と「受動態」の項目で、現在形・過去形・過去分詞の3つの変化について少しおさらいしたの覚えてますか?また、「代名詞」では、主語・所有格・目的語の変化も見ましたね。形容詞・副詞も変化するんですよ。中学校の授業思い出しましたか?形容詞・副詞は、原級・比較級・最上級の3通り
変化の基本型は、
比較級 形容詞・副詞 + er
最上級 形容詞・副詞 + est
※文中の最上級には、 the を前に付けることも多いですよ( the + 最上級)
↑基本中の基本ですが、語句によっては音節の数などでの変化ルールが異なるものもあります。
(音節については、細かい話になってしますのでここでは取り上げません。)

"-e"で終わる単語は、比較級は"r"だけ、最上級は"st"だけ付けます。
 「広い」 wide → wider → (the)widest

"-y"で終わる単語は、"y" を"i"に変えて、比較級は"er"、最上級は"est"を付けます。
 「幸せ」 happy → happier → (the)happiest

短い単語で、子音語(喉や鼻を使う摩擦音や破裂音など、p/k/g/t など)で終わる単語は、その子音語を重ねて、比較級は"er"、最上級は"est"を付けます。
 「大きい」 big → bigger → (the)biggest

長い単語では、原形を変えずに、比較級は "more"、最上級は"most"を頭につける場合もあります。
 「美しい」 beautiful → more beautiful → (the) most beautiful

"early"以外の、"-ly" で終わる副詞には、比較級は "more"、最上級は"most"を頭につけます
 「親近感のある」 friendly → more friendly → (the) most friendly

上記のルールには当てはまらない不規則に変化するものもあります。
 「たくさんの」(数えられる) many → more → most
 「たくさんの」(数えられない) much → more → most

 「よい」(優れた・美味しい・価値のある) good → better → (the) best
 「よい」(うまく・体調が良い・満足に)  well → better → (the) best

 「悪い」 bad → worse → worst

nayamiS.gif
こうして書いてみるとルールが多いですね^^;本当はもっと細かいルールがあるんですが、まずはこちらをゆっくり根気よくおさらいしてみてくださいね♪


a0028694_10272678.jpg

世界有数のタワーを見ながら、2つのタワーの比較をしてみましょう。

「AはBよりも〜だ」という比較の表現は、英語では
"A + 動詞 + 比較級 + than + B." と、比較級 + than で表します。

日本の発展のシンボル、東京タワー01.jpg
他のタワーと比べて、どう思いますか?いろいろ考えてみてくださいね。

東京タワーは、エッフェル塔より高い。 Tokyo Tower is higher (taller) than the Eiffel Tower.
※ エッフェル塔の英語表記は、"the Eiffel Tower"。発音は「エッフェル」じゃなく「アイフェル」

東京タワーは、東方明珠塔より古い。Tokyo Tower is older than the Oriental Pearl Tower.
※ 東方明珠塔の英語表記は、"the Oriental Pearl Tower"。「オリエンタル・パール」東洋の真珠、粋なネーミングです。

そしてオープン間近の東京スカリツリーは、何でも一番!

スカイツリーは一番新しい。 Tokyo Sky Tree is the newest.
スカイツリーは一番高い。 Tokyo Sky Tree is the highest.
スカイツリーは一番人気。 Tokyo Sky Tree is the most popular.


「Aは○○の中で最も〜だ」と、3つ以上のものを比べて、「一番〜」と表す最上級の基本をおさらいしましょう。

最上級の形は「est」をつけると冒頭で書きました。"the"を最上級の前に置きます。

「〜の中で一番」の「〜の中で」と比べる範囲を表すために、"in 〜""of 〜" がよく使われます。
基本的な使い分けはこちら↓
 
 複数名詞のとき → of + 複数名詞
 単数名詞のとき → in + 単数名詞 (※1つのグループ)

 
また、「場所」についても "in" を使います。

He is the youngest of us. 彼は私たちの中で一番若い。 ※ "us" は複数を表す名詞なので、"of"

She is the prettiest girl in the class. 彼女はクラス内で一番可愛い。 ※ "class" は、1つのまとまったグループなので、"in"

Tokyo Sky Tree is the highest building in Tokyo. 東京スカイツリーは、東京で一番高い建物です。 ※ "Tokyo" は、場所なので、"in"


903.jpg
比較級・最上級の形容詞・副詞の変化ルール結構ありますね〜。数多くのルールをいっぺんに覚えようとするから、途中で英語を挫折しちゃうのかなぁとふと思いました。ある調査では、中学1年生の1学期では、「英語学習が楽しい」と答える生徒の割合が多いのに、2学期から「楽しい」の度合いが急降下するという結果が出ています。どうしても学校教育なので、文法用語や文法理論などで頭ががんじがらめになってしまい、「言葉」が持つ面白さや雰囲気を楽しむ機会が少ないのかもしれませんね。こちらのブログでも英文法の基礎なので用語がたくさん出てきますが、例文を繰り返し声を出して読み返しておさらいしてみてください。「英語」やればやるほど、本当面白いですから♪
posted by Spring at 11:50| Comment(0) | 20: 比較と最上級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。