2012年04月10日

16: 前置詞 時・場所を表す

前置詞は、名詞の前に置いてまとまりをつくる語句です。
時や場所の「〜の中で」「〜の上で」などと、文章の中の動詞などとのつながりを示します。

tokeiS.gif
時を表す前置詞の基本


前置詞-年月日曜日.jpg

年・月には in を使い、時刻には at を使います。そして曜日には、on を使います。

I was born in 1989. 私は1989年生まれです。
We will go to Tokyo in April. 私たちは、4月に東京へ行く予定です。
My flight is at 9 o'clock. 私のフライトは9時です。(o'clock は、〜時と時刻を表す単語で、会話では省略して、at 9 でもOKですよ)
I visit my mother on Sunday. 私は、日曜日に母に会いに行きます。

前置詞-時間帯.jpg

「午前」や「午後」には、in を使います。「夜」には、at を使います。
She cleans a room in the morning. 彼女は、午前中に部屋の掃除をします。
He visits his client in the afternoon. 彼は、午後にお客さんを訪ねます。
My brother comes home in the evening. 私の兄は、夕方帰宅します。
We watch a TV at night. 私たちは、夜、テレビをみます。

その他、
at the beginning of August 8月の始め
at the middle of December 12月中旬
at the end of February 2月の終わり
という使い方もしますよ。

前置詞-期間.jpg

「A〜Bの間」という、期間を表す from A to B をみましょう。

from A : Aから  to B : Bまで

I work from Monday to Friday. 私は、月曜日から金曜日の間、仕事をします。
Her English lesson is from 10 o'clock to 11 o'clock. 彼女の英語のレッスンは、10時から11時の間です。

kaishaS.gif
場所を表す前置詞の基本

まずは、基本中の基本、in、at、on の3つをおさらいしましょう。

「〜中に」は in、「〜で」は at (=ある地点を示す)を使います。
「〜中に」の考え方は、ある場所(敷地内)の中にいる状態、例えば公園や家などです。
「〜で」は、ある地点、例えば駅のプラットホームやドアのそばなど。

We are in a living room. 私たちは、リビングルームにいます。(リビングルームの中にいる状態)
I live in an apartment. 私は、アパートに住んでいます。(アパートの敷地内に住んでいる状態)

She stands at a platform. 彼女は、プラットホームで立っています。(プラットホーム=地点にいる状態)
She stands at a platform in a train station. 彼女は、駅のプラットホームで立っています。(駅の敷地内のプラットホームにいる状態)

I talk with my mother at the door.私は母とドアのところで話をする。(ドアのそば=ある地点)
I talk with my mother at the door in a shop. 私は母と店のドアのところで話をする。(店内という建物の中の、ドアのある場所)

inat の使い分け、感覚的に理解できましたか?

「〜の上に」は、on を使います。on は、「〜(の面)に接して」という意味なので、何かの上にある状態だけではなく、壁や天井などに接している時も on を使いますよ。

My book is on the table. 私の本はテーブルの上にあります。
I hang a clock on the wall. 私は時計を壁にかけます。

前置詞-場所1.jpg

図1.jpg登場人物は、Amyちゃん、Tomくん、Kenくん。
この3人の子供たちのそれぞれの位置をみてみましょう。

Amyは、Tomのとなりにいます。 Amy is next to Tom.
Amyは、Kenのにいます。 Amy is in front of Ken.
Kenは、Amyのにいます。 Ken is behind Amy.

で、Amy と Tom の間に Ken が入ってきた場合は、
Kenは、Amy Tom の間にいます。 Ken is between Amy and Tom.

next to : 〜のとなり ( next には、「次へ」という意味もありますね)
in front of 〜 : 〜前に ( ○○の = of 前 = front の中に(範囲に)= in といった感じですよ)
behind : 〜後に (in back of とも言いますが、通常は behind)

前置詞-場所2.jpg

前置詞around.jpg
「〜の周り」は、around 〜 を使います。「机の周り」なら around the desk です。

I walk around the desk. 私は机の周りをぐるぐる歩きます。
We stand around the desk. 私たちは机の周りに立っています。

around the world = 世界中の(に) I travel around the world. 私は世界中を旅します。
around here = この辺で(に) I will wait around here. ここら辺で待ってるね。


前置詞across.jpg
「〜の向こう側」や「〜を横切って」は、across 〜 を使います。「通りの向こう側(を横切って)」なら across the street です。

I walk across the street. 私は、通りの向こう側へ歩いて渡ります。
She lives across the bridge. 彼女は、橋を渡った向こう側に住んでいます。



前置詞across from.jpg
across from 〜 にすると、「〜の向かい側」「〜の正面に」という意味になります。

There is a building across from me. 私の正面にビルがあります。
The school is across from a park. 学校は、公園の向かい側です。





903.jpg I watch a movie at 5 o'clock in the evening on Monday in a theater across from the department store. (私は、百貨店の向かいの劇場で、日曜日の夕方5時に、映画を観ます。)← 前置詞をいろいろ使って文章を作ってみましたよ。ちょっと長いですね^^;
「時」の前置詞 in/at/on は、細かい理屈はともかく、こういうものなんだ!で覚えていったほうがいいですね。「場所」の前置詞ですが、例えば、「家の中のお風呂場」と言う時、in the bathroom at a house ですが、「家の中」だけだと in a house になるのが普通。I stay in a house. 家の中にいます。…となります。しかし、house を home に変えると、I stay at home. が一般的なんです。 I stay in a home. とは言いません。house は、「家」という意味ですが、一般的に「家」。home は、「家」というよりは、「自宅」「家庭」「本拠地」を表しているんですね。だから、故郷も home であって house ではないんです。
こういうちょっとした感覚の違いが面白いんですよね、英語って。いろんな英文に触れて感覚を身につけてくださいね♪
posted by Spring at 16:50| Comment(0) | 16: 前置詞 時・場所を表す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。